無料ブログはココログ

« 日米親善よこすかスプリングフェスタ2011 の情報 | トップページ | 今できること »

2011年2月19日 (土)

Hybrid W-ZERO3のメール同期エラー まとめ

このブログを訪れていただいた方々が検索したキーワードのランキングからハイブリのメール、特に「同期エラー」でお悩みの方が多いことが分かります。プランGS版が発売されてからは迷える方がコンスタントに生まれているようです。以前パラパラ書いてたこと、過去に某掲示板に書いたことなんかをまとめます。あくまでも私の経験から得られたものですので「正解」かどうかは分かりませんが。

同期エラーですがこれはサーバと端末でメールを「同期」するOutlookに特化したエラーです。同期を行わない一般的なメールクライアントソフトであればメールのトラブルが大幅に減少するようです。自分は実際にOutlook以外のメーラを使ったことがないので何とも言えないのですが。。
メールクライアントを変更できる人はそういう選択肢も検討されると良いでしょう。
ただし、あまり種類は無いようですね。
人気のあったのは QMAIL3 for W-ZERO3みたいですがすでに開発が止まっています。
以前のW-ZERO3に付属していたZERO3メールを移植する事も出来るようですが、これは過去の機種を持っている人だけに限られます。ライセンスの問題がありますのでダウンロードなどでは入手できません。

Outlookを使うしかない場合は、以下のことに気をつけると快適さが変わってくると思います。

メールの送受信中に「終話キー」を押すと同期エラーなどトラブルの原因になります。
また、PCとActiveSyncを使って接続した後は、メールの通信に時間が掛かるようです。

もし、メールの送受信に時間が掛かっているようだったら、節電モードに入らない様にxcrawlキーを触りながらしばし待ちます。これで通信が始まればOK。
悪評高い「同期エラー」が出てしまったら、PCとは接続せずにハイブリ側のActiveSyncを起動して「同期」を実行します。繋げていないので当然PCとは同期されませんが同期エラー対策として有名な方法だそうです。出来ればPCとの接続が終わってケーブルを外した後におまじないとしてハイブリ側で同期する癖を付けておくと良いかも知れません。

もし、同期エラー以外のモデムの接続エラーや、接続設定のエラーが出た場合は焦って設定をいじくったりせずに、ハイブリの電源を入れ直し、10分ほど待ってからメールの送受信を実行してみます。これは、メールのエラー要因がハイブリ本体側だけでなく基地局側の処理も関係があるためです。

~3月23日追記~
関東にお住まいの方限定なのですが、最近、東京電力の計画停電によって3時間程度の停電に見舞われますよね。Willcomの基地局アンテナは自身が持っているUPSが小さいのか、またはUPS自体搭載されていないのか、停電が始まってしばらく経つと圏外になってしまいます。停電が復旧してアンテナ強度表示も復旧すると、その直後に同期エラーが発生することが多いようです。この場合、手っ取り早いのは電源入れ直しみたいです。もう少し楽になると良いんですけどね。
~追記ここまで~

通信中の終話キー同様、通信中に電波が途切れるのもトラブルの原因となります。
普通の携帯は通信中に電波が途切れると定期的なリトライを実施してくれますが、ハイブリは以降の通信をかなり長期間あきらめてしまいます。
電波の強い都会なら問題ないでしょうが、アンテナの少ない地方、地下鉄、エレベータ、構内アンテナのない鉄筋の建物(大規模スーパーなど)に良く行く方は、メールの定期的な受信を行わないようにします。送受信スケジュールを「手動」にするんですね。
これではメールを受信しなくなっちゃうんじゃないかと思われるかも知れませんが、大丈夫です。
メールの受信はまずライトメールで通知されます。それをきっかけにハイブリがセンターにメール本体を受信しに行きます。送受信スケジュールはライトメールとは関係なくハイブリ側からセンターにメールを取りに行く頻度を設定するんですね。
ライトメールが受信できたと言うことは電波が届いていますのでメールの受信も出来るはず。あくまで”はず”です。電波状況はすぐに変わりますから。でもこれだけで同期エラーの発生頻度は激減します。
ただ、同時に別の問題も抱えることになります。1回のメール受信処理でメールが受信できなかった場合、2度と受信処理が実施されることはありません。いつか分かりませんが次の別のメールが来たときに先に受信し損なったメールとともに受信されることになります。
朝昼晩それぞれ手動で送受信を実施する癖を付けるのが良いのかも知れません。
これでもちょっと不便ですが同期エラーのせいで2日遅れでメールが来た、なんて事よりは格段に快適になります。


おまけ
メールトラブルではありませんが自分が実践している通話の問題の対応方法

その1
掛かってきた電話に出ると切れてしまう場合。相手は話中の「ツーツー」音が聞こえているそうです。xcrawlキー左側の受話ボタンや、ディスプレイに表示されている受話ボタンを押して電話に出ようとするとこの現象が起きるときがあります。現象が出たら電源の入れ直しをすることをお勧めします。理由は不明ですが本体をスライドさせて電話に出るとこの現象を防ぐことが出来ます。

その2
こちらから相手にかけたとき、相手の声が全く聞こえないときがあります。相手にはこちらの声が聞こえています。これは迷わず電源入れ直しを行います。

月末までの限定で、もう1台キャンペーンやってますね。
ハイブリのメールがリアルタイムに受信されないのでX-PLATEをもらってそちらにメール転送すれば良いのかなぁなんて考えてますが、PHS2台持ちは結構たいそうですよねぇ。

« 日米親善よこすかスプリングフェスタ2011 の情報 | トップページ | 今できること »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

助かりました。ありがとう!

どういたしまして。1年使ってアバタもエクボに見えてきました。ふしぎな端末ですよね。

ありがとうございます!
3日間治らなかった「同期エラー」が
ActiveSyncのカラ同期一発で治りました!

ちまたで有名な対応策なら、
Willcom公認裏ワザにしてほしいものですね

お役に立てて何よりです。
発売当初は結構話題になったのですが、探しても掲載されていることがあまり無い情報ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hybrid W-ZERO3のメール同期エラー まとめ:

« 日米親善よこすかスプリングフェスタ2011 の情報 | トップページ | 今できること »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック